大地、SDMA検査

昨年末に検査した、大地の記録です

12月11日
粘膜便で病院へ行った際、便検査のほかに血液検査をしました

ここ一年くらい、大地の血液検査で引っかかるのが
BUN(血清尿素窒素)の値

基準値が、9.2~29.2のところ、大地は45前後
この一年間で、血液検査は4回ほど行なっていて、毎回こんな感じなんです


BUNは、腎機能の指標となる項目ですが
クレアチニンの数値と合わせて、腎機能の判定を行います

大地、クレアチニンは基準値0.4~1.4のところ、0.5前後

なので、この二つの項目だけで腎臓を診断することは出来ないため
別途、SDMA検査を、外注しました


200113-1.jpg

結果、基準値0~14のところ、大地は10


糸球体濾過量(GFR)が40%低下した時点で、SDMAが基準値を超え上昇するので
ほかの項目と合わせて判断して、腎臓病の診断をするわけですが…

今回、医師の見解では
高たんぱく食により、BUNが単独で上昇しているのではないか
との事でした


昔参加した、犬の手作り食のセミナーで
「肉をたくさん食べて、BUNが上昇するのは当たり前
それが原因で、犬の腎臓がこわれることはない」 ということを習っていたので
あまり動揺はしていませんが

やはり、基準値超えというものは、感じは良くないですよね


200113-2.jpg

ちなみに、高たんぱく食については、肝臓の数値も注意する必要がありますが
AST31(基準値17~44)
ALT39(同17~78)
ALP83(同47~254)

過去の検査と比べて、上昇など見られないため
引っかかるのは、BUNだけなんですよね…



ということで
大地の食事、試行錯誤が続いています ( ´Д`)=3 フゥ
関連記事

COMMENT2

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2020/01/14 (Tue) 03:10 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2020/01/14 (Tue) 17:14 | EDIT | REPLY |   

コメントを残す