空河の治療について

空河に施している、ホモトキシコロジーのこと

181124-1.jpg

ホモトキシコロジー
自己治癒力を最大限に発揮できるようにする治療法のこと


空河は半年前から
排便後、お尻にティッシュを当てると、少量の血交じりの汁を出すようになりました

毎日ではなく、便が固いときや、食物繊維が多かったときなどに限定されるのですが
西洋医学の病院では、「内視鏡による検査が必要」 「ステロイドによる治療のすすめ」 など
決断できそうにない選択肢ばかり挙げられました


素人判断ですが
血汁を出すようになったきっかけについて…

ある日、畳のイグサが便に刺さって出てきたことがあり
その便が血だらけだったことから
「その時の傷」 が切れ痔に発展したとか、治癒してないんじゃないかと考えていました

鮮血なので、肛門からそう遠くないトラブルだと、医者も私も思っていました


それなのに、全身麻酔で内視鏡?


「それ以外、なすすべなし」 というのが、西洋医学での限界でした


181124-2_201811241104011a9.jpg

今回、ホモトキシコロジーと漢方薬を合わせた治療をした結果
排便に伴う出血は、まったく見られなくなりました

空河の自己治癒力が高まり、自力で治した
そう考えるしかないです


半年以上悩み続けた 「血汁」
これが、3週間ほどの治療で治ってしまうのが信じられず

今回、失礼ながら
「先生、この薬はステロイドじゃないんですか?」
そう質問してしまいました

「うちは、ステロイドは扱いません」

そうお返事いただいて、改めて自然治癒力のすごさを実感しました
これについては、空河の「白血球数が少ない」ことと関係があるようなので
これから改善に向けて、色々相談しながら考えてみたいと思います


にほんブログ村のランキングに参加しています
下のバナーをポチっとおしてね♪

    
にほんブログ村 ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

ありがとうございました♪
関連記事