検査結果と、今後のこと

空河
2週間の抗生剤服用を終えて
検査をしてきました


180308-1.jpg

白血球数(WBC)
2/20(14.0) → 2/21(26.0) → 2/28(38.0) という経過をたどり
今回、51.0 と、緩やかな上昇を続けています

そして、炎症検査(犬CRPたんぱく)が
計測不能な高値から、1.0 まで下がりました


この結果を見て、医師から
「抗生剤(抗菌剤)の服用を続けるか否か」 について
飼主判断を求められました

基準値を超えているということは、炎症箇所があるということ


どうすべきか、医師との質疑応答です
あらゆる方面から質問をぶつけてみたし
炎症の可能性をすべて挙げて、話し合いました


この時点で、うちの主人は、何を話しているのかサッパリ分からないハズ(笑)


180308-2.jpg

結果
抗生剤の服用を終了して、腸内環境の改善に努めることになりました

抗生剤は、良い菌も悪い菌も殺しますからね
悪化した腸内環境を、改善しなければ



そして、今後のことですが
「白血球数が低いこと」 について、可能な限り検査すすめることにしました

「低くても、経過観察で良い」と言われてましたし、私もそう思っていました
ただ、今回のようなことが起こった時
炎症=白血球の増加 が通常なのに
炎症=白血球の減少 が起こってしまった

これは、炎症に対抗するだけの白血球を、造る力が空河には無い
ということになります

よくよく考えれば、大問題なんですよね…


180308-3.jpg

大地と空河の朝ごはん
馬肉、鶏胸肉、レバー、野菜、海藻、ほか

貧血くうがには、レバーを大地より多め
そして、腸内環境が整ったら、穀類・芋類を少量ずつ足していく予定です

でも、焦りは禁物! 慎重に、自分!


にほんブログ村のランキングに参加しています
下のバナーをポチっとおしてね♪

    
にほんブログ村 ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村

ありがとうございました♪
関連記事

COMMENT4

smileママ  

空河くん、少しずつでも回復傾向で良かったですね。
白血球も増えてきたし。
獣医さんと、とことん質問をぶつけて話し合えるのが良いですね。
良い獣医さんだと思いますよ。
はやくスッキリ出来るといいですね。
うちは、乱れた腸内環境がなかなか元に戻らず、苦労してます。トホホ・・・

2018/03/08 (Thu) 23:01 | EDIT | REPLY |   
大地&空河ママ

大地&空河ママ  

smileママ さんへ

色々ご心配いただき、ありがとうございました。
白血球数の増加については、まず、体重を増やすことから考えようと思ってます。
セミナーで、「生食で太れないこと」を質問したら、「痩せていても良い」という回答でした。
でも、なんか違う気がしています。
痩せていると、抵抗力がないというか…。
とにかく、以前太っていたころに比べ、体力もなく、覇気もない。
これについては、勉強しなおしです。

腸内環境ですが、未消化の脂質、たんぱく質や、生の野菜が大量に届くと
粘膜がでたり、便がやわらかくなったりしますよね。
本当は、絶食が早いのでしょうが、痩せている子にはNGですからね。
我が家の場合、食物繊維を減らして様子を見ることにしていますが
やはり、改善には時間がかかります。

2018/03/09 (Fri) 10:39 | EDIT | REPLY |   

ショーン  

ショーンです
コメ欄が閉じられてましたので、こちらへコメ返させていただきます
コスモスラクト、アミノスともに複数の乳酸菌を共棲培養し、
菌が作り上げた発酵エキスという理解でよろしいでしょうか
腸内環境を整える、のですね
すいません、この分野あまり詳しく突っ込んでないので・・
こちらで勉強させていただきます

2018/03/10 (Sat) 20:02 | EDIT | REPLY |   
大地&空河ママ

大地&空河ママ  

ショーンさんへ

ショーンさん、おはようございます。

バイオジェニックスに分類される、乳酸菌生成エキスは
腸自体のコンディションに関係なく、腸内環境を確実に改善させる方法で
腸管免疫を介して、疾病の予防・治療に効果があるそうです


乳酸菌やビフィズス菌などは、その子に「合う・合わない」がありますが
これは、もともといる善玉菌のエサとなり、その子が持つ善玉菌を増やすことができます
加齢とともに、良い菌が減ってきますし
空河のように、投薬治療を行った子の腸内環境改善に役に立つものです。

うちの大地のように、いきなり適量を与えると下痢する子もいますので
最初は1滴から、数日かけて適量を与えると良いかもしれませんね。

とても地味なもので、効果が目に見えて分かるものではないのですが
ずっと与えていて、使用を中止したときに、腸内環境が悪化した経験があります。
やめてみて、はじめてその効果がわかりました。

2018/03/11 (Sun) 10:04 | EDIT | REPLY |   

コメントを残す