熱中症セミナーに参加しました

動物病院主催の「熱中症セミナー」に参加しました

170730-1.jpg

大地と空河は、お留守番
一時間のセミナーでしたが、内容は充実したもので

「熱中症とは」からはじまり、「早期発見と対処法」まで
院内での症例を交えながら、説明していただきました


その中で、意外と知らない大事なことをひとつご紹介します


170730-2.jpg
熱中症予防グッズです。お土産にいただきました。


犬が熱中症かも?と思ったら、早急に病院へ連れて行く必要がありますが
応急処置として大事なことは、まず からだを冷やすこと

方法としては、水で冷やす
クーラー・扇風機などで冷やす、ですが

からだを冷やすときに、やってはいけないこととして

氷水や冷水などはダメ だそうです

理由は…
急速に冷やしすぎると、血管が細くなります
それでも心臓は、からだを冷やすために大量の血液を送ろうとします
そのため、循環不全になり、多臓器不全のリスクが上がります
とくに、腎臓や肝臓へのダメージが大きいとのこと


つい、氷嚢などで冷やそうと考えがちですが
やめたほうがよさそう~


170730-3.jpg

そうそう、、、

犬がこのようにオスワリした状態で、前のめりになりながら顔を斜め上にあげ
苦しそうにハァハァしているとき
(横から見ると、斜め一直線状)

からだを冷やそうと、気道を広げるために行なっているもので
本犬は、かなり苦しい状態だそうです

このような危険な呼吸姿勢をとったら
迷わず、対処が必要です


ほかにも、犬の体温測定方法について
二つの方法を習ったので、あしたご紹介しますね


いつも応援ありがとうございます♪
下のバナーをポチっとおしてね

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT0

コメントを残す