ARCHIVE: 2017年06月23日  1/1

シスタチンC検査を受けての診断

空河の腎臓に関する検査結果が、すべて出ましたシスタチンC検査基準値0.10~0.40のところ、結果は0.14この検査は、シスタチンC蛋白の血中濃度を調べるもので高値=腎機能低下、甲状腺機能亢進症など低値=甲状腺機能低下症などが疑われます腎臓に関する検査クレアチニン 1.0 (基準値0.5~1.4)SDMA 14 (基準値0~14)超音波検査にて、石は確認できず以上の結果をふまえて、採尿をミスった尿検査については今回は行わないことにな...

  • 0
  • 0