大地の血液検査2014-2

8月10日、今年第2回目の血液検査に行ってきました。
今回の対象は 『大地』

前回(5/7)の血液検査で、多少「貧血気味」、全体的に「栄養失調気味」
と、診断された大地と空河

後に続いた 「それでも基準値内ですから、手作り食は上手くいってますね」
という先生の言葉が、気休めにしか聞こえませんでした


140815-1.jpg

そして、獣医師の指導のもと、食事を改善した結果・・・


140815-2.jpg

RBC(赤血球数) 前回646 → 今回724  Hct(ヘマトクリット) 44.8 → 49.3
Hgb(ヘモグロビン) 15.5 → 17.3


貧血気味と診断された3項目が改善しました

そして、少なめだった血小板(PLT) 前回19.0 → 今回20.2

血小板も少し増えました
血小板の数は、食事で改善できるものではないため
血量を増やすことで、血小板の数を増やしていきましょうという指導でした。


次に、血液化学検査

140815-3.jpg

前回との比較は面倒なので割愛しますが
栄養失調気味(笑)が改善されました。

ただ、総コレステロール(TCho)の値が低いので、次回までにこれを改善させる予定ではいますが・・・
これは難しい課題かな?
医師によると、シュナウザーですからムリに上げることは避けてください。
低めならそれでもいいと思います。
とのこと。

そして、腎臓に関する数値(BUN、CRE)ですが、血量が増えたおかげで少し改善されました



そもそも、貧血だとか栄養失調だとか・・・
何でこんなことになったかというと・・・


140815-4.jpg

ごはんのバランスを、AAFCO(アフコ=米国飼料検査官協会)の栄養基準通りにしたことが原因
ペットフードの基準に合わせてしまったことによる、栄養障害でした
やはり、手作り食にはムリがあったみたいです

大地と空河は
365日、一日2食 私の手作りごはんを食べているため、
生かすも殺すも私のサジ加減ひとつだということを、もっと認識しなければいけない・・・

いろんな情報や周囲に惑わされたりせず、この仔たちの栄養状態、からだの状態を
しっかり見つめていかなければいけない・・・

次は3ヵ月後に、空河の検査を行ないます
大地と空河、寸分たがわず数値が一緒ですから
食事がからだに与える影響を、深く思い知らされます。



ランキングに参加中!
↓↓↓バナーをポチっとクリックしてね♪

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT 0