胃酸過多の対処法

前回の記事 「心因性の嘔吐につき…」 の続きです。


空河の嘔吐は、興奮状態が続いたことによる胃酸過多
しかも、毎週水曜日だけなので、治療というよりは 『嘔吐させない工夫』 が必要だと
医師から言われました


140720-1.jpg

一般的な胃酸過多の場合、医師は2通りの対処法を飼主に指示するそうです

① 胃酸をおさえる薬を処方し、胃酸が正常に分泌されるように治療する
② そもそも空腹による嘔吐であるため、食事の回数や量、時間帯を見直す



ただ、今回の場合は心因性の嘔吐であるため
どちらの対応も適切ではなく、
『毎週水曜日、いかに空河を休ませるか』 ということが課題となりました。

※大体、空腹だから吐く という行為自体、犬の自然な行動とは受け止めがたく
消化器官のどこかが不調なのだと思いますが、それについては長くなるのでまた別の機会に・・・。



140720-2.jpg

そして、医師からは
上手く利用してください と、2種類の内服薬を、10日分処方されました
①プロナミド錠・・・消化管運動機能改善剤
②ファモチジン錠・・・H2ブロッカー(胃酸の分泌をおさえる)

どちらも胃薬なので、飼主の判断で服用してくださいとのこと


140720-3.jpg

そこでまず、度々の嘔吐で胃が弱っていることを考え
①のプロナミド錠を3日間のませました。

そして、次の水曜日からは・・・



やはり、原因は主人なのだから
主人に何とかしてもらうしか無いでしょう~



私は仕事も家事もありますし、空河とゆっくり過ごすわけにはいかないので、
ここは主人に、空河とともに昼寝三昧!のんびり過ごしてもらおうと思っています。

幸い、空河は甘えん坊なので、主人が横になれば
ピッタリくっついて一緒に眠るはず。

もう少し大人になって、主人に過剰な興味を示さなくなるまでの辛抱だと思いますし
きっと、すぐに主人に飽きて、私のそばでいつも通り眠ると思いますから

そして万一、パパっこになったなら、スリングにでも入れて、一日抱っこしてもらいましょう


そんな感じで、次の水曜日を過ごしてみようと思いますが
結果、どうなることやら・・・。


140720-4.jpg

このところ、空河にいろいろあり過ぎて、すっかり影のうす~い存在になった大地ですが
今年の大ちゃんは、恐ろしいほど元気です。
この元気が、何年も・・・いや、一生続いて欲しいと願っています。


そして昨日、久しぶりに大好きな道満ドッグランに行ってきました
大ちゃんはやっぱり道満が好き
とびきりご機嫌で、たっくさん喋っていましたよ

その様子は、また後日。


☆最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

にほんブログ村
関連記事

COMMENT 2

しんまま  2014, 07. 20 [Sun] 15:50

こんにちは、食べ過ぎもダメ空腹もダメ、なかなか食の管理って難しいですね。
あれこれ考えても私には出来ないので、少しでも安全な物を食べてもらうといった手作りご飯を始めた当初の考えに戻りました。
ママさんには、ほんと頭が下がります。
空河くんの体調、早く良くなりますように!

Edit | Reply | 

大地&空河ママ  2014, 07. 21 [Mon] 16:15

しんままさんへ

ホントに!犬の食事管理って難しいです。
だけど、もう少し成長したら落ち着くような気がするので
今の時期だけ何とか乗り切れば大丈夫かな?という感じです。
大地が今、胃腸の調子がよくなったので、何となく・・・なんですけどね。

Edit | Reply |