ゆるいヒザと、ピョンピョンの関係

160428-1.jpg

大地と空河
どちらもペットショップで “ヒザがゆるい” と、説明を受けて迎えました

大地は特に 『右ヒザ』
動物病院で、いつずれてもおかしくない、ユルユルの状態 といわれたのが2012年
それが、2016年の診察時には、少しゆるい という表現に変わりました

フローリングで滑らないように、クッション性のあるマットを敷き詰め
階段の昇降はさせないとか、ジャンプさせないとか
子どもの頃から、神経質なくらい気を使ってきた

それでも、ドッグランのコーナーを曲がるときに痛めてしまうかも
という危機感は、常にあります


そして、空河


160428-2.jpg

この子は、ドッグランではちっとも走らないんだけど
家でピョンピョン飛んでることが多くて・・・

もちろんヒザに良くないと思うし、垂直飛びは腰にも負担がかかるし
なるべく止めるようにはしているけど、ご飯を待つ間は止めきれず・・・

でも・・・
そのピョンピョン加減が良かったのか?
今では、ヒザのゆるみは全く無く、がっちり筋肉がついていて、しっかりした脚
と、褒められるほどになりました



こうなるともう、何が良くって何が悪いのか
全く分からなくなる



160428-3.jpg

ちなみに、うちの犬たち
ボール遊びには、全く興味を示しません
なぜなら、私が教えなかったから

脚力鍛えるには、ボール遊びはとても良いと思うんですけどね
あれは、垂直飛びではないからね



今日の生食は、鶏肉
トリはこれで在庫切れなので、今夜から数日鹿肉が続きます
写真、忘れないように撮らなくっちゃ


☆最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

我が家で、最もヒザにダメージ来てるのは…
実は私だったりします(笑)


にほんブログ村
関連記事

Tag: シュナウザー 生食

COMMENT 0