人と一緒で19年

大地と空河、今日も相変わらずの生食です
朝食は 『シカ』  写真は無し
今日の夜あたり、加熱食でも行ってみようかと検討中~


151116-1.jpg

先日、空河とお散歩途中、すれ違う女性から声をかけられました

「いい体型を作ってますね~ ドッグフードじゃ無いでしょう?」

普段、そんなふうに声をかけられることが無く、一瞬固まってしまいました
(何で分かるんだろう?) (手作り食、肯定?否定?)
色々脳裏に浮かびましたが、お肉食べさせてます と、簡単に答えました

するとその女性は
「うちもそうだったの。19歳で死んじゃったけど、何でも食べたわよ~」
「人と同じものを何でも・・・ 味があっても無くても・・・」



犬に手作り食を与えていると、
「あれはいい、これはダメ」 とか、「たんぱく質は何グラムで脂質がどう」 とか
色々難しく考えすぎてしまいます

私自身、何でも食べて長生きしたワンちゃんを、何頭も見ているし
そういう話を聞くのも初めてじゃない
なのについ、大地と空河の食事となると、いらぬ心配をしてしまうのも事実なんです

もっと大雑把に、食を楽しませてあげたい
常日頃、そう思っているのですがね~
自分コントロールが難しいのです


151116-2.jpg

秋も深まって、2頭の食欲が異常なほど増してきました
どれだけ食べさせれば、気が済むのさっ!!!

便がゆるくならない程度まで、増量していますが
空河は日々、ルンバ活動に励んでいるようです
おかげで床には、ホコリひとつないわぁ~


人と同じ食べ物で19年

誤解があってはいけないので、一応書いておきますが
人と同じ食材という意味で、同じ味付け&同じ添加物ではないので、、、
念のため
関連記事