空河の赤い舌

2013年12月のある日
突然、空河の口髭が茶色く焼け始めました
同時に、舌の色が赤黒くなっていることにも気付き
病院で血液検査、ヘマトクリット管検査をしましたが
特に異常はないということで現在に至っています


150628-1.jpg

2015年6月
あれから一年半経過しましたが、髭は茶色のまま、舌は赤いままです


実はこのブログ、ごはんのことや健康のことについてメールをいただくことが多いのですが
中でも 『空河の舌の色、その後』 についての問い合わせがダントツで
愛犬の舌の色の変化について、調べている飼主さんが多いことに気付きました
そして、原因や改善方法が全く見つからないことも、十分承知しています

私なりに色々調べてはいるのですが
どうも、犬の舌に限定すると情報がほとんど無いため
ヒトの舌が赤くなる原因を挙げて、犬に当てはめてみたらどうだろう?
と、考えるようになりました


まず、ヒトの舌が赤くなる原因として
1. 血液中の酸素の量が不足している
2. 鉄分が不足している
3. 体内に熱がこもっていたり、脱水症状を起こして体を冷ます機能が低下している
4. ストレス
などが挙げられます

これを空河に当てはめると
1. 血液中の酸素の量
→ 今度調べてみようと思っていますが、赤ちゃんの頃より『呼吸の浅い子だな』と、感じています
これが原因なら、血の色が濃くなるため、舌も濃い赤になるでしょう

2. 鉄分不足
→ 検査の結果、これは該当しませんでした

3. 脱水により、熱がこもる
→ 私が一番怪しいと感じているのはこれです。
空河は、血液検査のたび 『脱水気味』 と診断されています
そのため、水分摂取には気を使っていますが、飲んだら飲んだだけ出す子で
日に10~15回のトイレ回数になることも。
水分が体を素通りして排泄につながるだけだと、腎臓に負担をかけてしまうのでは?という不安から
なかなか改善策が見つかりません

4. ストレス
→ たぶん、無いでしょう(笑)



一通りの検査をしてみて、何も異常がなかったため
原因追求を、のんびりやっていますが
空河の体に何かが起こったことは間違いないと思います

時間をかけてでも、まずは脱水状態から抜け出すことかな?
医師からは、「尿を抑える薬もありますよ」 と、言われていますが、なるべく薬には頼りたくないから・・・
また色々考えなくっちゃ。



“犬並みの回復力” とは良く言ったもので
昨日真っ赤にただれていた、大地の背中の傷が
一晩寝たら、すっかりキレイになっていました
盛り上がった皮膚が元に戻るには、もう少し時間が必要ですが
薬の塗布はやめました。気になって舐めちゃうのでね



☆最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

にほんブログ村
関連記事