脂肪滴って何だ?

最近、大地の尿の回数が減っていて、出し辛くなっているようなので
尿検査・血液検査・超音波検査を行なってきました
ついでに(?) フィラリアもね


150604-1.jpg

朝食抜きのため、ややお怒りモードに入った大地
終わったら、たらふく食わせてやるからマテ


まずは、フィラリア抗原検査
もちろん陰性で、本日よりモキシハートタブ30の投与開始です
30じゃ多いので、少し削って与えました
本当はのませたくないけれど、12月までは仕方がない


そして次は、尿検査の結果

150604-2.jpg

犬生2度めの尿検査
PH6.5は以前と変わらず
低めに出た尿比重は、尿比重計で検査したところ1.032と、基準値内におさまっていました
細菌や結晶なし タンパクや糖なども検出されませんでした

ただひとつ
脂肪滴 というものが出ました
医師の説明では、脂肪滴が混ざっていることは珍しいことではなく、このくらいの量なら全く問題ない
ただ、尿が出にくいというのはこのせいもあるのかなぁ~? ということでした。

私の性格上、問題ないと言われても問題視するので
家に帰って早速ネット検索です


尿中の脂肪と血液中のたんぱく質が結合して、ネバネバした脂肪滴というものがつくられる。
多くなるとそれが固まって、尿閉塞を起こすこともある。
解決方法は、水分摂取量を増やし、尿をジャンジャン出すこと。



いろいろ調べた結果、ざっとこんな感じでした。
オシッコを溜め込むから脂肪滴がつくられるのか
脂肪滴があるからオシッコが出にくいのか・・・
ニワトリが先かタマゴが先か・・・?


いずれにしても、スープたっぷりの食事では無くなったのだから
水分を多く摂取させる努力をしないとな


150604-3.jpg

脂肪滴というものが何かは分かったのだけど
原因とか予防法がイマイチ分からず・・・
更に調べてみる必要がありそうです。


検査結果を待つ間に食べさせようと、加熱食を作って持参しました
今日の便がゆるゆるで、久々に驚いた
大地に加熱した食事は、もうムリなのかなぁ・・・



150604-5.jpg

テーブルなめるな!という日頃の躾けも
飢餓状態の空河には無意味なことだったんだなぁ~


大地の体重: 8.55kg  体温: 38.7度
目、耳、歯、触診、心音: 異常なし



☆最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

にほんブログ村
関連記事