生食6ヶ月

大地と空河の犬ごはん

150518-1.jpg

馬肉MIX、野菜(小松菜、人参、エノキ)、ビール酵母


大地と空河の食事を、完全生食に変更して6ヶ月が経過しました
この間、2頭とも嘔吐や下痢など一度もなく、元気!
大地と空河には、生の食事が体にあっているのだな…ということを実感しています


150518-2.jpg

実は3年前、一度生食にチャレンジしたことがあり
今と同じような食事を、大地に提供したことがありました

ただそのときは、生食について中途半端な知識で臨んだため
結局は挫折
一瞬、ノリノリで生食を喜んだ大地には、申し訳ないことをした記憶があります


150518-3.jpg

今回、食事変更に伴う大地の体の変化は驚くものがあり
不足していた歯が生えてきたことに続き
大地の右脇腹にあった大きなシコリが、小さくなってきました
2年以上前に出来たシコリで、正式名は『皮脂腺腫』

ドーム状に大きく盛り上がっていて、大地をなでて下さった方なら
皆さん気付く大きさでした

原因は、脂質の代謝異常によるもので、手術で取ったとしても
また出来てしまう厄介なもの。
医者では、遺伝的体質とも言われていました。

確かに、空河に皮膚トラブルはありませんからね。同じ食事をしているのに・・・。
“体質” といってしまえば、そうなのかもしれません。
でも私・・・


体質という言葉に鳥肌が立つんですよ!



体質だからで片付ける、個体差あるからで諦める
そういうのが嫌いで、大地の食事をアレコレ試行錯誤してきた経緯があります

もしかしたら
血液検査をはじめ、色々な検査をしてみて
何か問題が出てくる場合もあるでしょうし、
逆に何もなく、このままの食事を続けることになるかもしれない

どちらにしたって、大地と空河に 『食事を楽しむ』 毎日を与えてあげたいし
自分の知識も高めて行きたいと思っています



ダラダラと、文字ばかりのブログになってしまいましたが
生食に伴う変化は、これで一応完結かな?
食事の変更後6ヶ月くらいで、体は落ち着くと思うから


ちなみに、脂質代謝異常の大地の食事は
オイルの内容を見直すことで改善されました
目安となるのは、やっぱりウンチ
代謝能力を超えた量なら、ウンチは脂っぽく、ゆるくもなるし
少なければ、便秘気味だったり固いウンチ
そして、体に合わない脂質を摂り続けると、たちまち皮膚にあらわれます
大地が正常に代謝できる脂を見つけるのに、いったい何年かけたんだろう・・・

それでもまだまだ、勉強することは山ほどあります。
空河の髭焼けも、何とかしないとね~
がんばろう~!!


☆最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

にほんブログ村
関連記事