お耳のはなし

先日配信された 「アニコム保険のメルマガ」 で、面白い記事がありました。
以下、一部抜粋します


私たちの先祖はオオカミを飼い慣らし、私たちの好む性質をもつ個体を選択することでイヌという動物を生み出しました。
例外もありますが、立ち耳の犬種はオオカミに近く、性格が気難しい可能性があります。
一方で垂れ耳の犬種は愛玩犬として改良を重ねられていることが多く、より人に慣れやすいと言われています。



150513-1.jpg

なんか、妙に納得してしまった

大地と空河はシュナウザーで、基本的には垂れ耳の犬種ですが
空河は見事な立ち耳で、性格も上記のようにオオカミに近いものがあります。 ※オオカミの性格知らないけど

人なつこくて、誰にでも愛されるキャラではあるのですが
実は、それは外面で
私たちと意思疎通を図ることが可能になったのは、2歳を過ぎたあたりから
大地と比べると、かなり遅いです

一方大地は、ブログ上では気難しいキャラ設定ですが
実は、イヌにもヒトにも思いやりがあって優しい子
大地と空河は、性格が真逆なんです



150513-3.jpg

お耳の話をもうひとつ

先日トリマーさんから
最近、耳の毛を抜かないでほしいと言う注文が多くなったと聞きました
理由は、抜いた毛穴から菌が入り、外耳炎を繰り返すから

何だか、蒸れてなおさら外耳炎になってしまうような気がしますが
繰り返す飼主さんは、必死ですよね


150513-2.jpg

ちなみに我が家、この消毒液で耳の中も洗浄しますが
耳そうじ、基本はトリミング時だけでOKです

健康であれば、外耳炎は食事でコントロールできます
手作り食で、他に疾患が無い状態で、外耳炎を繰り返すようなら
脂質の量とバランスを見直してみると良いかもしれません

あっ!耳そうじの際、綿棒を使うのは絶対やめた方がいいらしいです
昔知らずに、ごしごしやってましたけど(笑)


以上、お耳のはなし・・・でした


150513-4.jpg

今日、病院でAP水を購入した際、空河の適正体重を聞いてみました
先生が言うには、現在の状態がベスト
太らせれば、関節に負担がかかるし、このままでよいとの事
体重増加計画は必要ない・・・という話でした


そして、大地の健康診断についても相談
病院では、ドッグドックとしてA~Cと3コースを用意していますが
色々話した結果、必要なものを単品で選択していこうという話になりました
コースの方が断然お得なのですが、それでは不足する検査もあって・・・

ちなみに私は、犬にレントゲンってどうよ?派
他の検査結果を見て、どうしても! の場合には仕方ないけど
なるべくならパスしたい
今回、こちらが言わずとも、先生も類似の見解だったので
レントゲンなしのドッグドックが受けられそうです



☆最後まで読んでいただき、ありがとうございました☆

にほんブログ村
関連記事